これまでの歩み

Nexyz.Group
History

1987年に立ち上げた日本電気通信から上場に至るまで
これまでにネクシィーズグループはさまざまなチャレンジを続けてきました。

1987

19歳の少年は、この世界のどこかに理想郷があると信じ
ひとり沖へと漕ぎ出した

  • 1987年 5月大阪市天王寺区にてホームテレホン販売業「日本電機通信」を創業
  • 1987年 11月営業拠点拡大(香川県高松市)

1990

「モノではなく価値の時代」
新ビジネスモデルの発案

  • 1990年 2月株式会社日本テレックスを設立(大阪府吹田市、資本金1,000万円)
    月々2,000円で電話が引ける画期的な電話加入システム
    「テルミーシステム」を発表

1996

携帯端末にオリジナリティーを持たせる発想が
なかった時代、次々と斬新な携帯電話企画を発表

  • 1996年 12月世界初「X JAPAN プレミアムPHS」を企画販売
  • 2000年 10月日本初「フェラーリオフィシャル携帯電話」デビュー

「我が伝統あるフェラーリは、日本のパートナーとしてあなたを選んだ。
誇りに思って欲しい。フェラーリが選んだ男なのだから」

業績好調

株式上場へ達成率0.6%の挑戦

しかし一転

ITバブルの崩壊

上場取り消し

倒産の危機が迫る

2000年4月25日、東証から承認され
マザーズで上場することが決定していた矢先、上場2週間前にITバブルが崩壊。
やむなくマザーズ第1号の上場取りやめの決定を下す。

「誰と戦えば良いのか 、空気と戦っているようだった」

2000

アポイント時間は、わずか15分間
決死のプレゼンで生き残りの活路を開く

  • 2000年 6月ワンチャンスしかない北尾社長への15分間プレゼンで
    ソフトバンク・インベストメント(株)から
    30億円の出資が決まり窮地を脱する

2002

ナスダックジャパンへ株式上場

  • 2002年 3月2000年の幻の上場から2年。
    上場直前に取り下げた企業が再上場した前例がない中、
    ナスダックジャパンへ株式上場を果たす 

※現 ジャスダックジャパン

2000

東証一部株式上場

  • 2004年 11月東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2004年 12月大阪証券取引所市場第一部に上場

2007

電子メディア事業 開始

2012

エネルギー環境関連事業 開始

2015

ブランジスタ 東証マザーズ上場

2017

電力事業 開始

究極の先へ
NEXT OF XYZ.

30th anniversary NEXYZ. GROUP

page top